お電話でのお問い合わせ

ケアハウス聖峰について

「山紫水明の地・長野県中野で生活したい」という希望を叶える ――――

これから到来するであろう本格的な高齢社会を迎えるにあたり、私共医療従事施設には多様なニーズに対応した福祉施策が求められております。
そのような状況の中、高齢者の方々が活気にあふれよりよい生活を送れるように、また、山紫水明の地・長野県中野に住み続けたいという方々の願いを叶えるために「ケアハウス聖峰」を開設しました。
最新の設備によるケア体制を整えた高齢者の方々が安心して生活できるケア付き住宅をご提供することで、心が触れあい、人と人との繋がりによる「生活の場」を作り上げていきたいと考えております。

関連施設

 

医療法人聖峰会 佐藤病院

1953年(昭和28年)11月、初代院長佐藤忠彦が、当時無医村だった旧豊田村に佐藤医院を開業しました。
ISSHが表現するものは、初代院長の専門であった循環器系の「心臓」を、赤と青の2本のラインは、動脈、静脈を表し、中の赤いISSHは血液を表しています。
地域貢献、温かく血が通い、心が通い合う医療を信条として掲げた「血の通った温かい積極的な病院にしましょう」そのものです。
聖峰会は今後もシンボルマークが示すとおり、地域医療に貢献してまいります。

施設詳細

介護老人保健施設 長寿の里

高次脳機能障害や認知症等の安定期にある方が在宅復帰に向けてのリハビリテーションを行うことを目的とする病院と在宅の中間に位置する施設です。
利用者様のニーズに応じたサービス計画を立案し、生活機能の維持向上を目指し支援いたします。
さらに、居宅系のサービスとして通所リハビリテーション(デイケア)も行っております。

施設詳細

ケアホーム希望(のぞみ)

共同生活で安心できる地域生活を、社会復帰の自立支援を行う施設として2006(平成18)年にオープン、2014(平成26)年4月より、介護サービス包括型指定共同生活援助施設であるグループホームに、2019(令和元)年に移築、新設いたしました。
施設長、サービス管理責任者、世話人、生活支援員、夜間支援員が入居者様に寄り添い親身となって支援を行うことにより、自立生活、社会復帰意欲を高めていただくよう取り組んでおります。

施設詳細